自己流ですが、ご参考になれば幸いです

カップ付きゴムの使い方

リボンなどの裏面に接着して使用します。
結う髪の毛の周りをクルクルと巻いてリボンと玉を引っ掛けて留めます。

使用例

上段(ヘアゴム裏面)

リボン、レースを串縫いして丸く仕上げています。

半カップより花カップの方が縫い目が隠れますし、
接着面が大きいので向いていると思います。

 

下段(ヘアゴム表面)

ダブルリボンを花カップと接着しています。

写真左側は真ん中をリボンで巻いていません。
写真右側はリボンで巻いてから花カップと接着しています。

左下段の拡大です。

ダブルリボンを土台にしてリボンやモチーフをつける場合は
左側の仕上げが良いと思います。
モチーフなどでリボンの仕上げが見えなくなりますし、
右側のようにリボンで巻いていない方が接着面が広くしっかり
接着出来ると思います。

右側のように真ん中をリボンで巻く場合は、
半カップにすると表から見えません。

 

 

 

リボンからカップが外れてしまうことはありませんか?

この様にすれば取れる心配は少なくなります。

土台リボンにモチーフをつける場合

土台リボン、カップ、しずく玉
ゴム(普通に接着する時より2cmくらい長めにカット)
カップ付きゴムの半製品を作る。
ゴムの縛りは、取れないようにしっかり結ぶ。
リボンの中央に巻き付け、縛り目にしずく玉、カップを通す。 左の拡大画像
リボンを挟んだゴムが緩まないように引っ張り
縛り目をカップの中に納める。
この上にモチーフを飾る。
カップは無くても出来ます。

土台リボン(シンプルリボン)のみの場合

リボンの仕上げは、巾5mmのリボンで、ゴムはSサイズが良いです。
MSサイズのゴムの場合、半カップに納まりきれない場合があります。

カップ付きゴムの半製品を作る。 ゴムの縛りは画像のようにし、取れないようにしっかり結ぶ。
リボンを作り、中央にゴムを接着してから5mmリボンにグルーを付けながら巻き付ける。 ゴムを引っ張りカップの中に納める。
グルーはリボンで巻いたゴムの両サイドに付け、カップと接着する。

 

花カップのアレンジ

こんな使い方はいかがですか?

花カップをお皿のようにしてくぼみにモチーフを入れてみました。

 

ヘアゴム裏面処理

左上 5mmリボンなどで巻く                  右上 18mm花カップをグルーで接着
左下 10mm半カップをグルーで接着             右下 6mm半カップをグルーで接着